Add-Value
for Migration

今こそ、SAP S/4HANAへの移行を
実行するタイミング

SAP ERP(ECC 6.0)のサポートが終了する2025年まで残りわずか。ついにカウントダウンがはじまりました。
SAP社が移行手順の指針を示したことでプロジェクト方針が立てやすくなり、
既に多くのお客様がロードマップづくり~移行に着手されています。
SAP S/4HANAへの移行は、検証~試行段階を既に過ぎ、本格的な実行段階に入っています。
品質も手順も安定した今こそ、移行のタイミングと言えるでしょう。

移行を成功させるためには
」が重要!

SAP S/4HANAへの移行は、従来の「SAP ERPのバージョンアップ」とは異なります。
アセスメントによって適合性や影響度などを事前に分析・見える化し、
移行の計画を精緻に立てることが成功のポイントです。

影響分析からプロジェクト実施まで
に必要な作業をパッケージで提供

Add-Value for Migration

Add-Value for Migrationの特長

アセスメントに注力した移行支援サービス

移行の効率化を支援するサービスです。本格的な移行の前にPOC環境を構築し、アセスメントで影響を分析。その結果をもとに改修部分を要件定義し、リスクを軽減しながら移行作業を実行します。

  • アセスメント

    • アドオン影響分析
    • SAP標準機能影響分析
    • POC環境提供
  • バージョンアップ

    • 移行作業の効率化
    • 確実なプロジェクト運営の支援
    • SAP S/4HANA新機能の追加

「JIEC Visualizer for SAP HANA」を活用したアセスメント

アセスメントツールを活用した移行アセスメント・サービスは、SAP S/4HANAへの移行に伴う影響や課題を抽出し、スケジュール・コスト両面のリスクを回避しながら、精緻な移行計画を立案できます。

既存機能のアセスメントメニュー

メニュー名 サービス概要 期間
① アドオン機能影響分析サービス ・現行システムで稼働中のアドオン機能が、SAP S/4HANAへ移行後正しく動作するための調査分析を実施 3週間※1
② SAP標準機能分析サービス ・標準機能影響調査
(現行業務で使用しているトランザクションが、SAP S/4HANAへ移行後、継続使用が可能/不可能を提示)
1週間
③ POC環境提供サービス ・POC環境構築/提供(お客様検証作業を柔軟にサポート) 2ヶ月~

※1 アドオン機能プログラム1,500本を基準とした期間です。

調査報告書イメージ

JIEC Visualizer for SAP HANA(移行アセスメント・サービス)

アドオンプログラムの影響調査からPOC環境の実機検証まで実施し、移行プロジェクト
全体を「見える化」するサービスです。

コンバージョンプロジェクトを支援

長年にわたるSAPビジネス(テンプレート開発、導入支援、運用・保守など)で培ったノウハウを活かし、見落としがちな移行リスクを検知。効率の良い移行作業を支援します。また、SAP S/4HANAの新機能についても、導入テンプレートを活用しながらご支援します。

CONTACT

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせもお待ちしております。

0800-500-4000

携帯電話でのお問い合わせ 03-6670-2990
【受付時間】9:00〜18:00
(⼟・⽇・祝⽇、年末年始、当社指定⽇を除く)

0800-500-4000

携帯電話でのお問い合わせ

03-6670-2990

【受付時間】9:00〜18:00
(⼟・⽇・祝⽇、年末年始、当社指定⽇を除く)

PAGE TOP